SOUL BOMBER

The first fishing in Tomiura ! vol.3

にっくき風邪でずいぶんと間が空いちゃいマスタすんません(汗)。

友人が日曜に富浦に行くとゆうので頑張ってUpさせていただきやす。




到着したボンが一番気にしていたのはモチロン青潮の影響です。

漁協の山下さんに聞くと「潮周りが変わったから大丈夫だなぁ」と言うです。

良かった良かったとホッとするボン。期待は深まりまっす♪

やはりこの時期の富浦は潮が澄みがちなんですよね~これはカギですよね。やっぱり濁りが入っていないと厳しいです。浅場などは底が見える状況なんてぇのは・・・。一度だけですがカセで10㍍ラインに入った時に底に棒状の模様が見えて「なんだろう?」とよく見ていると底のボラ達まで見えたことがあったんです(涙)。
 しかし、その日はその状況でもなんと6枚ほどの釣果があったんですよ(驚)。これは未だに不思議でしょうが無いくらいなんですが(汗)。フックアップしたとたんに底を見るとクロダイがヒラ打つのが見えたんです。後にも先にもこの日だけでしたが。

まあ、こんな特異な時もありますが、やっぱりニゴリがある時の方が釣果に恵まれています。この日入った浅場のポイントも濁りが入り安心です(笑)。





そしてボン的富浦攻略です。今回、基本は全てデカチン標準でっす!!!


ダンゴレシピも完全にデカチン!パッサパサ系で固形物はあまり入らないようにしました。入れたのは細かいアミエビくらいです。なぜか?

この時期のクロダイの絶対数は少なく大型が多いとイメージしているので固形物を散乱させてクロダイの注意を付けエサから離したくないと思っています。ですから例えばオキアミであれば数尾のアンコを入れる程度。これでダンゴと付けエサに集中させるイメージです。

後にも書きますがこの日は潮が周る日だったので固形物を多くすると広範囲に拡散してよけいクロダイと付けエサが同調できなくなると思います。

タックルはイケス前でデカチン狙いとくればパワーフィッシングです。ラインは2号。もっと太いのを使いたいが底潮に入れるには限界かな?潮が澄めばサイズを落します。限界1,5号でしょうか!?澄んだ時に太いラインはよくフグにかじられたりします。ようするに見えてるんです。

最後にエサですがメインはボケェ(笑)。あとは大粒・オキアミ・サナギ・コーン・ネリエなどです。
最近は必ず持参するシラサはあえて止めました(汗)。なぜなら思わず使ってカイズ釣りになりかねないので。今回はあくまでデカチン(笑)。

「ロクマル・ロクマル」念仏を唱えながら期待のスタートフィッシングだ!




b0081979_20382081.jpg





TO BE CONTINUED!






BOME'sタックル
 ロッド  黒鯛工房TheチヌセレクションVイチ5・大チヌ135 Type4
 リール  黒鯛工房THEアスリート競技65W-TS
 ライン  SUNLINE プロトライン 2号
 フック  Hayabusa 鬼掛 筏チヌ オキアミチヌ 3~5号
 ベイト  ネリエ・オキアミ・コーン・サナギ・ボケ・アミエビ

[PR]

by soul_bomber | 2009-02-06 20:45 | free practice
<< Fishingshow OSA... The New Year party >>