SOUL BOMBER

Had a good time!! 水中の不思議!!

今回はカワハギとクロダイを一緒に水中3D撮影しちゃおうっつうことで南房は館山へ。


ところが現地につくと北東の風が8㍍とヘビー(汗)。白波が立ってまっす!!

そこで陸カメは断念(涙)。水中のみとなった。係留も大変でスタートフィッシングも9時半をまわってました。


さきに準備の早い宮澤さん達が開始。荷物もボンの3分の1だもんなぁ楽でエエ(笑)。

しかし、釣れるのはサンバソウ(イシダイ幼魚)とショウサイフグばかり(汗)。ボンもダンゴを入れてスタートするもオキアミハードも瞬殺。そこで作戦変更!!餌も変更して10時に一発目水揚げ~♪40㌢オーバー。

そのままパターンがハマリ連発~で水揚げ~でございます。40㌢~45㌢クラスだがアスリートレーサーを使ってるもんでロッドが水中に突き刺さる突き刺さる(笑)


それを見ていた宮澤さんはイマイチ(汗)そこでクロダイをお薦め!!「じゃあ、やってみよう♪」と、ロッドを準備して初かかりにチャレンジ(笑)。

あるていどレクチャーしてから悩みつつ1時間ほど。ボンが「たまにきいてみるとよいですよ」とアドバイスすると「バスィ!!」とアワセをくれる!ラインが走る!!!「初かかりチヌ水揚げ~♪」
b0081979_17241767.jpg

魚種は違っても名人と呼ばれる方は違いますなぁ釣り感が良いですねぇ。さすがです(笑)。

その後潮止まりで小休止。

ほんでもそんな時はすぐに尾崎さんか井出さんが水中を観察へ(爆)

ザブンと出てくると「クロダイは居るけど離れてウロウロしてるねぇ」とか「2秒くらい餌を咥えて泳いでたよ(笑)」とか日頃はありえない水中実況付きです♪

それに、やはり時間によって餌に寄る魚種は変わるそうだがほとんど近くには居るんだそうだ。例えばサンバソウが餌に寄ってる時はカワハギはちっと離れて見てたり。カワハギが寄るとサンバソウが上ずったり。ボンは居なくなるのかと思ってましたが喰わない時間もクロダイは離れてウロウロしてることが多いそうです。
ほんでまた、スイッチが入ると急に喰いだすんですねぇ!勉強になります。言い換えれば、そんなクロダイ達もやり方によっては釣ることができるのかもしれませんね。

さて、そんな話を聞いていると潮が動き出す。ずいぶんと急に早くなり餌盗りも若干ばらけたようなのでコーンを使ってみると残りだしたので5Bで流し込んでゆく。
3ピロほど流したところで前アタリが出たので1㍍ほどラインをふかしてやると流れで張った頃にグンッと穂先が入る。ライトハンドフルスイングするとガッツリ止まるどころか潮の抵抗も相まってモーレツゥ!!

十分楽しんであがってきたのは今日一の52㌢水揚げ~!!その後ポツポツと。午後のクロダイはグッドサイズ!!1号玉も流されるようになったが止め気味に流してやると喰ってくる。ほんでそのまま3時のストップフィッシング。のんびりとした釣りだったが満足の釣果でございました♪
b0081979_17574154.jpg


帰りはみんなで館山の有名すし店。尾崎さんにごちになりやして、いたせりつくせりありがとやんした!!!

今度は宮澤さんにカワハギを教わる約束をして東京へ帰ったとさ(笑)。

031.gifBOME'sタックル ver.館山カセ
 ロッド    黒鯛工房The Athlete Racer 150  Type4
 リール    黒鯛工房The Athlete Racer 65-TG
 ライン    SUNLINE トルネードちぬスペシャル筏・カセ  1.75号
 フック    Hayabusa 鬼掛 筏チヌ オキアミチヌ 3号 
 Dレシピ  赤だんごチヌ・本筏チヌ・オカラだんご・活さなぎミンチ・荒引きさなぎ徳用
 ベイト   オキアミ・コーン・マルキューくわせオキアミスペシャルチヌ・くわせ丸えび・魚玉ハード


◆Many thank!!
 
 TOKYO SEAHUNT プロ水中カメラマン 尾崎幸司さんのショップ
 CHIBA SEAHUNT アシスタント ウミウシマニアの井出潮さんのショップ

[PR]

by soul_bomber | 2010-10-01 18:10 | free practice
<< SUNLINE ニューカタログ... Go on patrol ♪ ... >>