SOUL BOMBER

inspection

シーズンインしている勝山に最近連続で通っていますが,毎回,黒鯛工房のアスリートとイチ5大チヌを持参しています。もちろん狙いは年無し・40オーバーなので細ライン対応のアスリートはどうなの?とお思いでしょうがボンはポイントで使い分けてます。

勝山の生簀前のポイントでは生簀と舟の間が僅か2・3m,ラインを出せば生簀のロープに巻かれてしまいます。これはやっぱりクロダイとの引っぱり合いラインも2号~1,75号は必要です!!
そんなわけで生簀前ではイチ5大チヌです。ライン1,5号以上の使用を想定したこのロッドはライン比重も計算されているので水深のある1番生簀のポイントでも穂先ももたれず良い具合です♪また黒房のほとんどのロッドに採用されているハイパーグラスにも注目です。高弾性・高強度!!グラスロッドの粘りがありつつより強い素材なのでバットも細く軽量ですが大チヌのやりとりも驚くほどスムースにしてくれています!!!
そして、生簀以外のポイントではライン1,5号で若干無理もありますがアスリートを使用しています。あの見た目柔らかいアスリートですが十分タメが聞くので年無しもなんの問題もありません。て言うか逆に腕への負担も無くヤリトリも楽チン!!クロダイとケンカすることなく捌ける感じなんでしょうか?使ってもらえるとスンゴクわかるんやけどボン本人もアスリートで年無しをキープしたときはビックリものでした!!!道具が進化するとまた釣りが楽しくなりますね~ホンマに!!!

photo the athlete & chinu
b0081979_1126441.jpg

[PR]

by soul_bomber | 2006-05-12 11:30 | diary
<< condition kanto area >>