SOUL BOMBER

Fishing field of Shimizu♪

この時期でも辛うじて安定した釣果&良型の出ている静岡県清水港の週末はどの渡船店さんも盛況でございます。
しかし、相変わらず決定は前日ギリギリ(^^;)ゞどうにか予約も取れたもんで原金つり船に行ってめいりやした!!同道は関東チヌ研の潤滑油的存在、川瀬運営部長でっす♪

前日に黒鯛工房のスタッフ仲間、地元の山本恭ちゃんから情報収集「1年ぶりに沖に入りたいな~」なんぞと話しておりましたが、当日は新貯木場に決定!!
年無しも出ている期待のポイントだが好釣果は土曜日に集中しているので不安が過ぎります(--;)
ここは貯木場と言われるだけに四方が壁に囲まれており、この時期のクロダイは居着、半居着が多くこの中の限られたエリアを回遊していると思われます。だもんで釣人が多く入りハイプレッシャーに晒されたクロダイ達は?
しかし、全国的には珍しいポイントではないでしょうか!?水深が4m前後しかなくとも通年釣果がありクロダイ達の嗜好も少し他のポイントとは異なる気がします。チャンスがあれば1度はトライすることをお薦めしまっす♪

さてさて私達が入ったポイントは通称プリンと呼ばれる材木の筏を係留する巨大なプリン型のコンクリート柱の間。
その為、ロッドは異なる2本をチョイスです!!1本はプリン付近などを広角で攻めるイチ5・大チヌ135にライン1,75号をセット。
もう1本はルーティンのダンゴ釣り用にアスリート競技130に1,5号をセットしたものを用意。ここで大型のクロダイを掛けると水深が無い為まず横へ突っ走りプリンに触れば一発でブレイク(>_<)だもんでヤリトリはあるていど強引にできるタックルが必要です。

玉砕覚悟で大物!!と思っていましたがホンマに玉砕が脳裏を過ぎる無反応でございます(TεT;)
こんな時は消去法でございます。数釣りやポツポツとでも魚が出ている場合は次のステージを考えながら餌・システムのローテーションをしていきますが、クロダイから答えが帰らない日は基本を潰していきます。ストラクチャーを探せているか?餌はダンゴに同調しているか?など見落としを確認していくほうがクロダイに近づける気がします。

本日の見落としは終了1時間前に気が付きました(==;)いつもなら試しているのに・・・
クロダイがダンゴを嫌う的現象が多々あるのをご存知でしょうか?この日もそんな気がしたのですが・・・ダンゴを抜くです!!!釣ろう釣ろうとコンスタントにダンゴを・・・(T.T)
20分後に気配が濃密になり明確な前アタリ後穂先が水面に突き刺さり上がってきたんは42cmのキビレ♪残念ながらクロダイではありませんが船の周りに入ってきています。続けてボケが潰されるがなにか違和感を感じたのか喰いませんでした。
迎えの船が見え万事休すかと思った終了5分前!!最後に川瀬さんの竿が曲がり43cmのクロダイをタモ入れして納竿。全体的に貯木場はイマイチでしたが沖の深場で年無しが出ておりました!!
釣果は芳しくありませんでしたが勉強になりやした「アディオス清水!!」
*タックル
 ロッド  黒鯛工房THEアスリート競技RX130 THEチヌセレクションVイチ5・大チヌ135
 リール  黒鯛工房THEチヌリミテッド競技65W-R
 ライン  黒鯛工房カセ・イカダ専用ライン 1,75号 seaguar筏ちぬ 1,5号
 フック  鬼掛 筏チヌ オキアミチヌ2~3号 シラサチヌ1~2号
 餌   エビ・アミエビ・オキアミ・ボケ・活サナギ
photo New Lumberyard
b0081979_2231127.jpg

[PR]

by soul_bomber | 2007-03-07 22:21 | free practice
<< Bass fishing Go on patrol ♪ ... >>