SOUL BOMBER

Fishing field Port of Shimizu

大変永らくおまんたせ致しやした~(^^;)ゞ待ってない!?っすね~(汗)

過日のENCFコンペ、最初は例年どおり日帰りでと思っておりやしたが、この度は地元の山本恭士(黒房フィールドスタッフ)が「うちに泊まりな~!?」「そうだね!!祭りじゃ~!?」ということで(^^;)前日入りすることに決定!!釣果にも心配があったのもそうさせたのですが(-_-;)

いや~今年の清水は三重の立ち直りが早かっただけに出遅れは否めません(--;)しかし、清水港!!年間通して安定した釣果を出すのは全国トップレベル!!安心して大会運営できますが今年はちと不安が過ぎります。だもんで寝不足の病気面を押してプラしてまいりやしたよ♪
photo Good morning Shimizu!!
b0081979_22364337.jpg


当日入りましたのは沖の堤防。大会時も有力ポインツ候補です。しかし不安なのは前々日まで清水釣船業協同組合の慰安旅行でコマセが入っていないことでしょうか(==;)
photo Ichimonji
b0081979_22343983.jpg


さてさて当日はフェローズの神ちゃんも同ポインツに入りました。これは情報交換もできるし大会の情報を集めるには好都合!!「ヨロシコ神ちゃん!!」と堤防沿いに数十m離れたところにお互いカセを掛けスタートフィッシング。ここで別れる前の神ちゃんのダンゴ桶を見るとすでに握ったダンゴが山のように置いてあった。ムフッ考えることは一緒ね♪数日ポイントが空いたことを考慮して朝からしっかりダンゴを打つと出ました~~(゚∀゚)
photo point of Ichimonji
b0081979_22375961.jpg


この沖提、水深は16m前後2枚潮の時が多く清水港の中では難度はやや高でしょうか?ここの肝は底潮を捉えることが必須。広角・広角と言い過ぎ感もありますが広角が良い時もあります(^^;)ゞボン的にはこのポインツ、ダンゴで釣った方が楽しいのですが…

ところで最近のジアイは午前中なそうなんですが、ボンのエサは残ることが多く生物反応が薄いです(^_^;)
これはポイントで違うようで神ちゃんが入った所は朝からグレ・石・アイゴと多彩な外道…状況がけっこう違います。その後やはりと言うべきか神ちゃんが30cm前後を1尾。ダンゴで釣った。当日は上潮と底潮がなかなか噛み合わず、安定しない。こんな時はどこの釣り場でもだいたいジアイが非常に短いものだ!!そこで広角を取り混ぜた釣りから一瞬を逃すまいとダンゴオンリーに切り替える。すると神ちゃんが釣ってから30分後、やっとボンのところにも外道が寄り出し外道のエサの喰い方に変化が出だした。その数投後にオキアミを噛みしだくようなアタリでアワセると小さくとも鯛を感じさせる引きで待望のクロダイが顔を見せてくれた♪よっしゃ!!と続投するが潮向きがすでに変わっていて気配はゼロ円(-。-;)
photo MINI
b0081979_22433652.jpg


その後、原金つり船の若船頭が昼弁を配達してくれて…
若「どうですか?ボンさん」
ボン「1枚どうにか出たよ~」
若「ノルマ達成だね!!ボンさん」
ボン「確かに…(^^;)」
photo Come and eat!
b0081979_22475235.jpg


焦ってもしょうがないとエサを抜いて状況の変化も期待しカツ丼&ビール!!今日は泊まりで運転しませんから♪
なんてのんびりしてると昼の干潮とともに風が変わり背中側から風波が立つようになり潮を被って意気消沈(><;)!!
そんなところに神ちゃんから「もう帰ろうよ~ボンちゃん」
てなわけで昼で撤収でございやす(×_×;)
当日、土曜で全体3枚・・・ボンの不安は拭えません(汗

そして清水合宿の夜の部へ続くのでっす・・・
*タックル
 ロッド  黒鯛工房THEアスリート競技RX130 
 リール  黒鯛工房THEチヌリミテッド競技65W-R
 ライン  seaguar筏ちぬ 1,2号
 フック  鬼掛 筏チヌ シラサチヌ2~4号
 餌   シラサ・アミエビ・オキアミ・ボケ・活サナギ・コーン
にほんブログ村 釣りブログ チヌ釣りへ←ポチッとね♪
[PR]

by soul_bomber | 2007-06-07 22:57 | free practice
<< Go on patrol ♪ ... Go on patrol ♪ ... >>